1か月半で、ゼロからの読み書きができるようになった!
バイリンガル教育の選択肢としてGO Schoolを選んだワケ
 
 

 
【プロフィール】
小学校1年生、R.I.くん
担当講師:Mr JP(初級レベル)

~帰国子女といえども、読み書きがしっかり定着していないことに悩んでいたRくんのお母様より、GO School宛にお便りをいただきましたので、一部ご紹介いたします~
 
GO Schoolとの出逢い
 現在小学校1年生のRは、1歳~4歳半まで米国のプリスクールに通っておりましたので、流暢に英語が話せるものの、読み書きが定着していなかったため、子どもの年齢相応の学習内容を指導してくださる教育機関を探していました。都心であれば、帰国子女向け塾への通学も叶いますが、我が家はそうした利便性の良い場所に住んでおりませんでしたので、オンラインで継続的な英語学習ができるところを探していた折、出逢ったのがGO Schoolでした。
 GO Schoolの代表者様との面談でスクールの理念を伺い、その指導法を聞く中で「本物だ」と感じ、実際のレッスンを体験して「これだ」と思い、自然な流れのなかで入学を決意しました。
 
ここまで違う?驚きと発見
GO Schoolは子どもが楽しく学べる教材で体系的に学習を進めていく、というお話は伺っていましたが、その教科書を軸に、息子の興味関心、さらには課題に沿って、完全にカスタマイズされた教え方をしていることにまず驚きました。担任の先生は、折に触れ、息子が大好きなヒーローもの「ベン10」の話に乗ってくださり、息子が得意とする口語表現をさらに伸ばすためにShow And Tellなどを多く盛り込んでくださいました。その頃、ABCの読み書きがまだ出来なかったのですが、初級レベル(Grade1)ではなく、敢えてGrade2の教科書を採用くださったおかげで、”理解できる範囲の難しさ”のなかで、読み書きを補強するスタイルを実践してくださったため、目覚ましい成長をみせていきました。まさに、探し求めていた学習スタイルを発見したかのような気持ちになりました。
 
1か月半でゼロから読み書きができるようになった!
先生がポジティブかつ寛容な姿勢で子どもと向き合い指導するプロフェッショナルさは、実に感銘を受けますが、それ以上に、オフラインでやるべきことをただオンラインで教えているのではなく、オンラインだからこそできる授業構成をもとに、子どもの理解度に合わせて指導するスタイルに関心しました。
そのおかげもあり、初めて1ヶ月半で、全くのゼロから息子は読み書きができるようになったのです!
レッスンはどこの学校も同じ、と思いがちですが、こどもは正直なので、その子の成長度合いが学校の姿を映し出しているのだと思います。それゆえ、最初の直感で感じた「この学校だ」と感じたことが正しかったことを改めて感じました。
 
無理のない学習
学習は継続と反復が大事、ということで、宿題は先生と親ですり合わせをし、無理のない方法を先生と相談しながら学習を進めています。英作文の宿題などは、最初の頃は母親が代筆したり、シールで単語を選ばせるなど、日本の学校の宿題の進め方に似た方法を取り入れています。毎回のフィードバックは非常に丁寧なだけでなく、家庭の状況に寄り添い、苦手意識を持たせなくてすむようにフレキシブルな対応をしてくださるので、本当に助かっています。
 息子は読み書きができるようになったことで、英語学習意欲が高まり、いまではRazKids(オンライン英語ライブラリー)では、好きなテーマで色々な本を選んで読むようになったことが我が家では大きな成長の証だと思っております。
 
”親目線”で考えるバイリンガル教育
我が家のように、画一的なレッスンの基準に当てはまらないお子様をはじめ、お金を注ぎ込んでも伸びが実感できない英語教育に疑問がある方、オンラインの手軽さとオンラインだからこそできる新感覚の授業に興味がある方には、バイリンガル教育の選択肢として、GO Schoolを知っていただきたいと思いました。
小学校教師の免許保有者である担任の先生だからこそ分かる、我が子のやる気を引き出す手法は、本当に体験してみて分かるものです。
そして、レッスンの質から考えたら、とにかく価格が安い!ということを他の保護者に伝えたいと思います。スクール選びは、先生・教材・アフターフォローはさることながら、とにかく受講してみて分かる、ということが大きなポイントです。
 
我が家は、受講回数を増やすことを検討しており、幼い兄弟も近いうちに受講させたいと考えています。子どもたちが、英語バイリンガルへの道をGO Schoolでこれから歩んでいくことを傍でみていることが、いまから楽しみで仕方ありません。